セサミンの効果

ゴマの栄養素セサミン

テレビなどでセサミンという言葉を聞くことも多いと思います。さまざまな効果があり注目されています。セサミンとはゴマ、米、麦に含まれている有効成分で、ポリフェノールの一種です。米や麦は精米してしまうとかなりの栄養素が減ってしまうため、セサミンを一番多く含む食品はゴマといわれています。ただしゴマでもその含有量はとても少なく全体の0.5%から1.5%程度しか含まれていません。セサミンの1日のあたりの摂取量の目安は10mgといわれています。これをゴマを食べて補うには約3000粒ものゴマを食べなくてはなりません。もともとゴマは料理を引き立てる脇役のような存在ですし、カロリーも高いため、たくさん取るのはなかなか難しいものです。このセサミンを簡単に摂取できるという事でセサミンのサプリなどが多く売り出されるようになったのです。

高い抗酸化作用でさまざまな効果を得る

それではセサミンにはどのような効果があるのでしょうか。セサミンの効果の中で一番注目されているのが「高い抗酸化作用」です。私たちの体の中でさまざまな悪影響を与える「活性酸素」を除去してくれるのです。活性酸素を除去することによって風邪やインフルエンザなどの身近な病気から、ガン、糖尿病、高血圧などさまざまな病気の予防になります。また活性酸素は女性の大敵で、更年期障害を引き起こしやすくなったり、肌アレ、しみ、しわなどの美容の面でも悪影響を及ぼします。活性酸素を除去することによって、美肌、アンチエイジングにも効果があるといえます。またコレステロールを下げる効果も確認されているのでメタボが気になる方、中年太りの改善などにも効果があるといわれています。 こんなにさまざまな効果がある「セサミン」をあなたの生活にも取り入れてみませんか。